【ママニック葉酸サプリ】多くのママ・プレママさんから大人気!成分・口コミは?楽天・amazonでも買える?

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

早くも10月分売り切れ!アルバニアホワイトニングクリーム

アルバニア(美肌クリーム)[一般][GirlsLab]

あまりに人気過ぎて、次に手に入るのは11月以降に。
予約が殺到しているのは効果がある証拠ですが、これでは手に入らない人も続出ですね。

アルバニアホワイトニングクリームはコチラから
http://albinia.jp

葉酸が妊娠中に大事な栄養素だということは、一般的に常識になりつつありますよね。
葉酸は赤ちゃんの脳や神経などの成長に欠かせない栄養素で、不足すると脳や神経の先天性異常のリスクが高くなるとも言われています。
今現在妊娠中で、良い葉酸サプリはどれだろうかとお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな方におすすめしたいのが、『ママニック葉酸サプリ』です。


↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

http://www.mamanic.com

ママニック


葉酸サプリの必要性

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af2
昨今、妊娠前や妊娠時の葉酸サプリの摂取を重要視する声が増えてきています。
それは一体なぜなのでしょう?

妊娠時は通常の2倍葉酸が消費される?

妊娠前~妊娠初期の母体は赤ちゃんを作るために細胞分裂が活発に行われます。
そのため、妊婦さんの体は通常の約2倍近くの葉酸が消費されるのです。
特に、妊娠0週目~7週目にかけては「細胞分裂期」と言われており、母親のDNAから分裂・増殖した細胞が赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などを作っていきます。
その細胞分裂や増殖に、葉酸が重要な働きをしており、妊娠時には葉酸が母体から欠乏しないように葉酸サプリを摂取するように厚生労働省が推奨しているのです。

妊娠初期や妊娠中に葉酸が不足するとどうなるのか?

葉酸が不足していない妊婦さんに比べると、胎児の脳や脊髄神経の障害リスクは高くなると言われています。
母体のお腹の中では赤ちゃんを形成するために、母親のDNA細胞の分裂・増殖が繰り返し行われ、脊髄や脳から赤ちゃんが形成されていきます。
そのため、母体が葉酸不足や欠乏状態にあると細胞の分裂や増殖がうまく機能しなくなり、それにより脳や脊髄の基となる神経管が欠損し障害(神経管閉鎖障害)を発症しやすくなるのです。
これが原因となり、「二分脊髄」や「無脳症」など、赤ちゃんが生まれてくる段階の体の奇形(先天異常)のリスクが高くなると言われています。


二分脊髄
赤ちゃん(胎生期)の脊髄を覆っている骨が欠損、または開いた状態の事。
普段、骨で覆われて守られているはずの脳神経に繋がる脊髄を含む神経組織が露出し、炎症を起こして癒着したり、損傷により運動障害や膀胱機能などの障害を起こす。


無脳症
赤ちゃんの脳が欠損または、形成されない状態の事。
赤ちゃんの体は通常の状態で存在するが、おでこの上からの頭部が無く、無事に生まれてきたとしても短命で終わる可能性が高いと言われている。
『無脳症』は現在は出生前の診断で発見することが出来るが、早期発見できたからといって現段階では治療法もないため、やむを得ず人工中絶が行われる事が殆どである。


※胎児の「二分脊髄」や「無脳症」などの神経管閉鎖障害は、妊娠初期から葉酸サプリを毎日400μg服用することで、発症リスクを7~8割低減できるとされている。

葉酸サプリを飲む重要期間

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af3
妊娠時における葉酸の重要性はお分かりいただけたかと思います。
では、「葉酸サプリをいつまでに飲めばいいのか?」疑問に感じるお母さんや、妊婦さんもいらっしゃいますよね。
結論から言うと、葉酸は体の健康や美容にとって重要な働きをする成分なので、産後も食事から摂るのが難しいと感じる方であれば続けた方が良いでしょう。
そのなかで、葉酸サプリを飲む最も重要な時期が「妊娠前~妊娠4カ月まで」と言われています。
この期間と、妊娠中期~後期は推奨量を摂取し、授乳期からはサプリメントの量を減らすなど、調整しながら補給すると良いでしょう。


ちなみに、厚生労働省による1日当たりの食事に加えて葉酸をサプリメント等から摂取すべき推奨量は以下の通りです。

◆妊娠前・妊活中(妊娠計画時期)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日400μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
子宮内膜を厚くすること(強化)による着床率の向上や受精卵保護による妊娠力の向上


◆妊娠の1カ月前~妊娠3カ月(妊娠0週~11週)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日400μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
出生児の神経管閉鎖症害のリスクを70%低減させる他、自閉症のリスクの低減、流産リスクの低減等


◆妊娠初期:4カ月(妊娠12週~15週)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日400μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
自閉症のリスクの低減・流産リスクの低下・子宮内胎児発育遅延予防・貧血予防


◆妊娠中期:5カ月前~7カ月(妊娠16週~27週)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日240μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
血中のホモシステインを抑制し流産のリスク低減・早産予防・妊娠高血圧症候群予防・貧血予防


◆妊娠後期:8カ月前~10カ月(妊娠28週~43週)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日240μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
貧血予防・免疫機能や消化管機能の向上


◆授乳期(授乳婦)◆
【葉酸サプリからの推奨摂取量】
1日100μg
【この時期の葉酸の効果(働き)】
造血効果による母乳の出の向上・産後の子宮回復力の向上


食事から葉酸を摂るのではダメ?

葉酸と言えば、別にサプリじゃなくても普段の食事で摂るようにしたら良いんじゃないの?
そう思われる方もいるでしょう。
しかし、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減の効果が確認できているのは、葉酸サプリに含まれる「(プテロイル)モノグルタミン酸型」の葉酸だけなのです。
そのため妊娠前や妊娠時に、葉酸を食品でなくサプリメントから摂取するように推奨されている理由は2つあります。


1.野菜などの食品に含まれる葉酸は神経管閉鎖症害のリスクを低減できない
葉酸には2つの種類が存在します。
1つ目は野菜や果物などの食品に含まれる「ポリグルタミン酸型」の葉酸。
2つ目は葉酸サプリや栄養補助食品から摂取できる「モノグルタミン酸型」の葉酸です。


赤ちゃんの神経管閉鎖症害のリスクを低減する働きは葉酸サプリから摂取できる「モノグルタミン酸型」の葉酸で確認できていますが、食品に含まれる「ポリグルタミン酸型の葉酸」では確認できていません。
そのため、食品ではなく葉酸サプリなどの栄養補助食品からの摂取が推奨されているのです。


2.1日400μgの葉酸を食事から摂るのは困難
食品に含まれる葉酸は調理段階の水や熱により、殆どが失われてしまいます。
赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊娠前から妊娠初期にかけて1日あたり400μgが必要摂取量とされています。
葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶けやすく熱にも弱いです。
そのため、水洗いや加熱調理すると殆どが破壊されてしまうため、食事から葉酸を摂取するのが困難とされているのです。
また、つわりの時でも飲みやすいように1日の必要摂取量が摂れる葉酸サプリを飲むように推奨されています。

安全な葉酸サプリを選ぶために

ここまでで、いかに葉酸サプリが大切かをご理解いただけたのではないかと思います。
ではここで、安全な葉酸サプリを選ぶための5つのポイントをご紹介します。


1.厚生労働省が推奨している400μgの葉酸が摂取できるか
厚生労働省が推奨している葉酸摂取量は1日400μg。
特に妊娠初期は不足しないように、推奨量の葉酸摂取ができるものを選ばないとサプリとして意味がありません。


2.天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリかどうか
全ての葉酸サプリは厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」。
その中でも、野菜や果物・酵母から抽出した食事性葉酸を‷モノグルタミン酸型に変換させた葉酸サプリ‴と‷化学成分から合成されたモノグルタミン酸型の葉酸サプリ‴の2種類があります。
当然、天然由来のほうが安全性が高く、肝臓や腎臓の負担にもならないため、葉酸サプリは天然成分から変換されたモノグルタミン酸型の葉酸を選ぶと良いでしょう。


3.ビタミンB12が配合されているかどうか
ビタミン12は葉酸と協力関係にある成分。
ともにDNAの合成や細胞分裂の働きだけでなく、血液に必要なヘモグロビンを合成するため妊娠中の貧血予防・防止にも必要な成分です。
葉酸の再利用を助ける作用もあることから、葉酸だけでなくビタミンB12の同時摂取が大切となります。
その他、葉酸を体内で活性型に変換する作用のあるビタミンCや、妊娠中に必要なその他のビタミンやミネラルがバランスよく配合されているものが良いでしょう。


4.化学合成添加物が無添加であること
葉酸サプリメントの中にも、食品添加物が多く含まれているものがあります。
食品添加物は基本、安全なものではありますが体にとってはなるべく摂取したくないもの。
保存料や香料や甘味料などが葉酸サプリに含まれているという事は、それを毎日摂取するということになり、体にも悪く、生まれてくる赤ちゃんにも良くありません。


5.放射能チェックをしっかり行っていること
原発問題以降、野菜や果物などの食品の放射能(セシウム)汚染が確認されています。
セシウムは胎児の奇形や障害リスクの危険性を高める可能性もあることから、妊娠中の食の安全は特に気をつけることが大切です。
これは葉酸サプリに関しても原材料の放射能やセシウムチェックをしっかりと実施している会社を選ぶことが重要となります。


この5つのポイント、どれか1つ当てはまるという葉酸サプリは多くありますが、5つ全て満たしているサプリというのはなかなか出会えないもの。

ところが、この5つのポイント全てを満たしている葉酸サプリがあるんです!
それこそが、『ママニック葉酸サプリ』なんです!


↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

http://www.mamanic.com


ママニック葉酸サプリって?

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af4


葉酸サプリで葉酸が摂取できるのは当たり前の事なのですが、『ママニック葉酸サプリ』は葉酸以外の栄養素もしっかり摂れるサプリメントなのです!
『ママニック葉酸サプリ』には葉酸に加え、鉄分・カルシウムが配合されています。
妊娠中にはカルシウムを通常の1.5倍摂ると良いとされていますから、葉酸と一緒にカルシウムが摂れるのは魅力ですね。
そのほか、29種類のビタミン・ミネラル、アミノ酸も配合されています。
さらに国産の野菜やフルーツ、乳酸菌や美容成分なども入っているのですよ!
妊娠中に必要な栄養素がバランスよく摂れる、まさに理想的なサプリメントといえますね。


↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

http://www.mamanic.com


ママニックは葉酸の吸収率が高いのも特徴

先述の通り、葉酸には、ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)、モノグルタミン酸型葉酸の2種類があり、選ぶのであればモノグルタミン酸型にしましょうと言いました。
『ママニック葉酸サプリ』に配合されているのはもちろん、モノグルタミン酸型葉酸!
そのため、『ママニック葉酸サプリ』で摂取した葉酸はしっかりと吸収されますよ。

ママニックなら安全、安心!

妊娠中、お母さんが摂取したものは赤ちゃんの栄養となりますから、やはり安全、安心なものを摂取したいですよね。
『ママニック葉酸サプリ』は、第三者機関による厳しい基準の放射能検査と残留農薬検査に合格している、安心のサプリメントです。
さらに原料の受け入れや製造、出荷に至るまで安全が保たれるようにGMP準拠工場で製造されています。
また、妊娠中はつわりに苦しむ妊婦さんも少なくありません。
そんなとき、特有のにおいがあったり粒が大きかったりするサプリメントを毎日飲まなければいけないのはストレスになりかねませんよね。
ですから、『ママニック葉酸サプリ』は飲みやすさにもこだわって作られています。
9mgという飲み込みやすい小ささで香りも抑えてありますから、つわり中の方も安心して飲むことができそうですね。


↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

http://www.mamanic.com


ママニック葉酸サプリの口コミ

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af5
ここまで『ママニック葉酸サプリ』についてご紹介させていただきました。
サプリについては分かったけど、一番気になるのは実際に飲んでいる人の口コミ!
そう思っている方のために、『ママニック葉酸サプリ』の口コミについてまとめてみました!



#ママニック #葉酸サプリ #葉酸 #ママニック葉酸サプリ 白色ボトルに入っています。 落ち着いたグリーンとクリーム色のパッケージで、清潔感があります。 蓋に縦にギザギザがついていて、開けやすいです。 錠剤で、飲みやすいです。 11種の国産野菜・フルーツを配合なので、自然のものの色が出ています。 一日に4粒が、目安です。 小粒で、飲みやすいです! のどに詰まる感じやひっかかりません。 気になるニオイも、大丈夫です。 味は、多少しますが、全然気になりませんでした。 妊活、妊娠、授乳中の方が積極的に摂り入れたいものだから、安全性が高いので、うれしいです! 妊娠中、厚生労働省から、400μgの葉酸を摂るように、推奨されていますよね。 産婦人科医に相談したら、 「野菜などから摂取するのは、難しいから、サプリがいい!」 と言われました。 場所も時間も選ばず、飲むだけ簡単です。 効率的に葉酸を摂れます。 推奨量を毎日、きちんと摂れて、うれしいです。 健やかな赤ちゃんの発育のためにも、飲んでいきたいです。 持ち運びもできて、便利です。 葉酸以外にも、29種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸も摂れます。 つわりで食べ物を受けつけない時でも、錠剤で栄養が摂れるのは、うれしいです! 妊娠の1ヶ月前から葉酸を摂ることが推奨されているので、毎日しっかり摂っていきたいです。

ゆりさん(@yuririyu200)が投稿した写真 –










↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

http://www.mamanic.com


ママニック葉酸サプリの購入方法

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af6
いかがでしたか?
これから妊活に入る方、現在妊娠中の方、授乳中の方、皆さんそれぞれ葉酸の大切さがお分かりただけたかと思います。
その上で、『ママニック葉酸サプリ』が他の葉酸サプリよりも良いということもご理解いただけたのではないでしょうか?


では、この『ママニック葉酸サプリ』はどこで購入できるのでしょうか?
調べてみたところ、楽天・amazonでも購入は可能のようですが、やはりお得に購入するのであれば公式サイトがオススメです!


一番お得な購入方法としては、定期購入です。
これは、通常1個5,000円のところ、定期購入での申し込みであれば30%OFFの3,500円で購入することが出来ちゃうんです!
しかも送料無料、全額返金保証付きとお得です!


発売以降、有名雑誌でも続々と紹介されている『ママニック葉酸サプリ』。
大切な赤ちゃんのためにも、良質な葉酸を摂取したいですよね。
ぜひ、この機会に『ママニック葉酸サプリ』をお試しください!


↓ ↓ ↓ 公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

ママニック