【セルフネイル】もう待たない!ネイルを乾かす方法と時短裏技♪

寝てる間にパッチリ二重♪

button_photo
寝てる間にバレない“ホンモノ二重”に♪
美容成分配合でまぶたにも優しい♪♪
パッチリおめめを手に入れるならナイトアイボーテで決まり!

100名様限定キャンペーンボタン

「おしゃれは指先から」とよく言いますが、その方法としてネイルは欠かせませんよね。

でも、セルフネイルをしているとデザインなどに加えてもう一つ考えなければならないことがあります。

それが「乾かす時間」です。

ゆっくりと自分の時間を取れればいいのですが、ネイルが乾くまでの時間って先が見えずらいし、待ちきれないですよね。

ネイルの失敗は塗る瞬間だけでなく乾かす瞬間にも…

そこで今回は、ネイルを早く乾かすコツや、知らないと損する(?)時短テクニックを大紹介です!

ネイルを効率よく乾かすためには

セルフネイルに限らず、ネイルのハードルが高く感じてしまう人が多いのは、ネイルをする時間が主な原因の1つではないでしょうか。

でも逆に言えば、ネイルをする時間を短く出来ればネイルもしやすくなります。

ネイルを早く乾かすコツを知って、セルフネイルを楽しんじゃいましょう♪

ネイルを早く乾かすには準備が大切?

何事も準備は大切です。

ネイルを早く乾かすことも例外ではなく、しっかりした準備が必要になります。

では、ネイルの準備はというと、「保存方法」です。

意外とマニキュアなどのネイルグッズの保管方法を気にしている方、少ないのではないのでしょうか。

ネイルは冷蔵庫保管が基本!

ネイルを冷蔵庫に入れておくと、常温で保存するよりも温度が一定になり、ネイルの伸びが良くなります。

ネイルの伸びが良くなることできれいに塗ることができます。

冷蔵庫でネイルを保管するメリットはそれだけではありません。

ネイルの温度を低くすることは、外気に触れたときに温度差が大きくなり、揮発しやすくなるので、乾きやすくなるのです。

冷凍庫でもOK??
同じ冷やすなら、冷凍庫でもいいのでは?

正解から言うと、その通りです。

しかしこれはあくまでも裏技ですので、冷やしすぎは禁物です。場合によってはネイルのビンが割れてしまうこともあるからです。

目安としては、大体20~30分ほど冷凍庫で冷やすと良いようです。

ネイルを塗るときの注意

ネイルを早く乾かすためには、塗るときの注意も必要になってきます。

では、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

ネイルは厚く塗りすぎない
ネイルを塗るとき、どうしても多めに塗ってしまいがちです。

確かにネイルの量が多くなれば発色も良くなるかもしれませんが、最初から厚く塗ってしまうと乾燥に時間がかかり、仕上がりの失敗にもつながってしまいます。

出来るだけ、薄く、薄くネイルを塗っていくようにしましょう。

重ね塗りするときはしっかりと乾いてから
塗ったネイルをきれいに発色させるには、薄く塗り重ねていくことが大切です。

でも、先に塗ったネイルがちゃんと乾いていないと、乾ききっていないネイルを後から塗る筆で崩してしまい、塗りなおす羽目に…

一見、一回一回完全に乾くのを待つのは時間の無駄のように思えますが、とんでもありません。

「急がば回れ」は、ネイルの世界にも言えるんです。

ネイルを乾きやすいものにする
市販のネイルグッズには、速乾性を売りにしているものもありますので、そのようなネイルを使ってみるのも一つの手です。

また、実はネイルにはその色によって乾きやすい色と乾きにくい色があるの、ご存知でしたか??

乾きやすい色
・ラメなどが入っているもの
・薄い色味のカラーネイル
・透明感のあるカラーネイル

 

乾きにくい色
・マット系のネイル

ちなみに色によって乾くスピードの違いは、ネイルの中の成分によるものなんだとか。

ネイルを塗る順番にも注意!!

ネイルをするときに、何気なくカラーだけを塗っていませんか?

セルフネイルをするときは、コーティングなどの準備も必要になってきます。

次の4ステップでより乾きやすいネイルになりますよ♪

1.ネイルをする部分の温度を適温にする
実はネイルの仕上がりって、手足の温度に左右されること、ご存知でしたか?

温かすぎても、冷たすぎてもダメなんです。

手足が冷たいときは、ドライヤーで温風を当てて温度を上げるようにしましょう。

ネイルは体温を吸収して乾燥するので、手足の温度が低すぎると乾燥に時間がかかるようです。

2.ベースコートを塗る
ベースコートは、爪の下地をきれいにコーティングしてくれる溶剤のこと。これを塗ることで、カラーリングをしたときに仕上がりがきれいになり、乾燥も早くなります。

また、爪を保護してくれる役割もあるので、自分の爪を傷めずに済むというわけなんです。

3.二度塗りが基本?
しっかりと爪をコーティングしたら、カラーを塗っていきましょう。

このとき、「二度塗り」が基本となります。

最初に薄く塗って、しっかりと乾いたらその上に二度塗りをします。

一度目のネイルがちゃんと乾いていないと二度目を塗ったときに筆で色がよれてしまうので注意してくださいね。

グラデーションを重ねるときやデザインネイルなどは、二度塗りではなかなか難しいです。

そういったネイルの場合は、厚塗りにならないように、極力最小限で、一回ごとにしっかりと乾かすようにしましょう。

4.トップコートは欠かさずに!
カラーリングが終わったら、仕上げにトップコートを塗ります。

このとき、それまでに塗ったネイルが乾燥していないと、今までのネイルが台無しになってしまうので注意が必要です。

トップコートは爪を保護するだけでなく、爪の表面の凹凸をなくして、色が馴染みやすくする効果もあります。

ちなみに、ネイルが乾くまでには平均約1時間はかかるんだとか。

ですので、これに重ね塗りを繰り返したり、デザインなどをしていれば、さらに何時間か乾燥にかかってしまいます。

トップコートは最終段階なので、せっかくのネイルデザインを台無しにしないように、焦らずしっかりネイルを乾かしてから塗るようにしましょう。

これぞ裏技??ネイルを早く乾かすコツ

何時間も待てない!出来るだけ早く乾かしたい!!

そんな方のために、いくつかネイルを早く乾かす裏技をご紹介しましょう。

指先を氷水につける

せっかく塗ったネイルを水につけるなんてちょっと意外ですが、氷水を使うことでネイルを早く乾かすことが出来ます。

もちろん塗ってすぐ氷水につけるのではなく、塗って数分乾かしてから氷水に指先を浸します。

ただし、先ほどもご紹介したように指先の温度が下がりすぎても逆効果なので、時間にして10秒ほど指先を氷水に浸せばOKです。

ちなみに、このとき指先を動かさずに浸すことが、ムラなく仕上げるコツです。

冷風をあてる
ドライヤーなどの冷風をあてることでも早く乾かすことが出来ます。

氷水よりも気軽に出来るのでこの方法をされている方は結構いらっしゃいます。

このとき、ドライヤーの風圧で乾いていないネイルが崩れてしまうのを防ぐために、ドライヤーは近づけすぎないようにしましょう。

温風で乾かすとネイルに気泡が出来てしまうので、必ず冷風で乾燥させるのがコツです。

機械の力に頼る
出来ることなら水や風といった自然の力でネイルを乾かすのが良いですが、どうしても時間がない!急な用事が…!!というときは、機械の力に頼っちゃいましょう♪

「ネイルドライヤー」や「ネイル乾燥機」という名称で販売されています。

使い方は簡単。指先を機械の中に入れてネイルを乾燥させるだけです。


↑こんな感じです↑
値段は幅広いですが、千円を切るものもあるので、試してみる価値はありです。

他にも、「セルフジェルネイル」というネイルにすれば、UVライトをあてるだけですぐにネイルを乾燥させることが出来ます。キッチンにある意外なものでも??
ネイルを乾かすための機械が準備出来ていればいいですが、本当に急に乾かさなければいけないときってありますよね。

そんなときは、キッチンにある意外なものを活用しちゃいましょ♪

それは、「オイル」です。

「キッチンスプレー」もしくは「オリーブオイル」でオッケー!
使い方は、トップコートを塗ったらすぐにオイルスプレーやオリーブオイルを爪に振りかけます。

そのまま1~2分放置して、乾燥したら水でよく洗い流します。

どうやら、爪の表面に油膜を張ることで乾燥を早めたり、汚れが爪の表面につくのを防ぐ効果があるようです。

いかがでしたか?

ネイルの乾燥に割く時間を短く出来れば、気持ち的に楽なだけでなくその分ネイルデザインに時間をかけられますよね。

ネイルの乾燥を気にせずに、気軽にセルフネイルにチャレンジしてみてくださいね♪

ただし、ネイルケアも怠らないように!

とはいえ、セルフネイルでも、ネイルサロンでやってもらっても、あまり頻繁にネイルをすると、爪が傷んでしまいます。
ネイルは楽しいけれど、気づけば、爪が薄くなっていたり、ボロボロになっていたり、二枚爪になっていたりすることも。
こうなってしまうと、爪が新しく生え変わるしばらくの間は、大好きなネイルもお預けです。。。

だからこそ、爪に負担をかけることをしたら、きちんと爪のことをいたわってあげましょう。
爪が薄くなったり、ひび割れたり、二枚爪になってしまったりしてからでは遅いので、早めに早めにケアして上げることが大切です。
最後に、私が愛用しているネイルケアアイテムを紹介しますね♪

ネイルケアをするなら、外側と内側、両方のケアをしてあげることが大切です。
体の外側から、爪それ自体を補修してあげるのと、体の内側から、必要な栄養素を補ってあげる。
この2つをしてあげて、初めて、傷んだ爪をケアしてあげたことになるのです。

爪を外側からケアできるアイテム

ツメリッチ リペア

【ツメリッチ リペアの特徴】

■効果が出る数少ないネイルケアアイテム!
■ボロボロ、カサカサ、二枚爪、割れやすい爪を治したいなら♪
■ペン型なので持ち運びカンタン♪
■水仕事など爪が傷む仕事をしている人におすすめ♪
■リピート率84%!
■コレひとつで大切な爪を補修・保護・保湿!
■爪の悩みを外側から解決!
本気で「傷んだ爪」をなんとかしたい人限定!
使用者の84%が使い続けたいと回答しています!
私の場合は、ネイルを連続ですると、すぐに爪が傷んでボロボロになるため、コレをつかって爪の瑞々しさを保ってます♪

ツメリッチ リペアの詳細はこちら
https://www.tsumerich.com/

 

爪を内側からケアできるアイテム

丈夫な爪をつくる爪特化型サプリ『Nailly』!!



【Naillyの特徴】

■ジェルネイルや除光液ですっかり薄くなった爪におすすめ♪
■自然な爪の美しさを見せたい人、水仕事をしている人におすすめ♪
■植物性由来のシリカがたくさん入ってるので安心!
■コラーゲンやL-シスチン、ビタミンB1も入っているから美容にも最適
■爪の悩みを内側から解決!
爪を厚くして、さらに美容にも効くという二度美味しいサプリです♪

Naillyの詳細はこちら
https://www.nailly.com/

 

美爪にシリカは欠かせない!『美ウォーター』!!


【美ウォーターの特徴】

■爪が割れやすい人や凹凸ができやい人におすすめ
■シリカ成分がツメや肌のケアを助けてくれる
■世界トップクラスのシリカ含有水!
■いま、海外セレブも注目の水♪
■肌や爪のトラブル予防に♪

今、注目されているシリカ水です。
爪だけじゃなく、美容にも良いとされています♪
誰にも教えたくない天然水。話題の美ウォーターを500円で試せます。