【ナチュラルアクアジェル Cure】顔がすべすべになる角質ケア!気になる成分・ニキビへの効果は?

寝てる間にパッチリ二重♪

button_photo
寝てる間にバレない“ホンモノ二重”に♪
美容成分配合でまぶたにも優しい♪♪
パッチリおめめを手に入れるならナイトアイボーテで決まり!

100名様限定キャンペーンボタン

・なんか顔がざらざら、ごわごわする
・ニキビができやすい
・しわが深くなる

こんな顔に関するぜひ避けたい嫌なことというのは「古い角質」が原因となっていることがほとんどなのです。

本来ならば、角質というのはどんどん入れ替わって約1か月で入れ替わります。
これを「ターンオーバー」といいます。

古い角質が残ったままになり肌に異常が出てしまっている人というのは、ターンオーバーが乱れてしまっている人なのです。
ターンオーバーの乱れが起きる原因はいろいろあるのですが、主には生活習慣の乱れやストレスです。

しかし今の社会でそのような原因を完全に取り除くことは不可能です。
そこで原因と向き合いながら他の対策をしていくことが大切になっていくのです。

対策をするにもまず、原因を詳しく把握しておかなければ問題を解決することはできません。
ではまず、角質が溜まってしまう原因を見ていきましょう。

 

角質が溜まる原因

 

乾燥

たっぷりの水分で潤っている肌ならばターンオーバーがスムーズに行われます。
しかし肌が乾燥していると、肌の代謝機能がしっかりと機能せず、新しい細胞が生成されることなく古い細胞がいつまでもあなたの肌に居続けることになるのです。

 

・肌がもともとカサつきやすい
・メイクのりが悪い日が多い
・暑いときは軽いケアになってしまいがち

 

紫外線

紫外線げ原因で角質を厚くしてしまうことがよくあります。
強い紫外線を浴びると、肌はその強い紫外線からあなたの肌を守ろうとします。
つまりはあなたのカラダの内部に異物や紫外線が入ってくるのを防ごうとするわけです。
その結果、あなたの肌には厚い角質が残ってしまうというわけです。
しかも強い紫外線が降り注ぐときは非常に暑いです。
その結果肌からどんどん水分が蒸発して肌が乾燥することになります。

・冬には紫外線対策はしない
・近所の買い物など、近場に行くくらいなら日焼け止めは一切使わない
・夏が終わると肌のくすみやごわつきが目立つ

 

摩擦

肌外部に対する物理的刺激も角質を厚くしてしまいます。
洗顔時の泡立てが不十分だと指や手の刺激が肌に直接伝わってしまいます。
さらにはタオルで肌を拭くときも肌にとっては大きな刺激の一つになります。
こういった日常生活の刺激一つ一つに対して、肌を守ろうとカラダは角質を作っていってしまいます。

・泡立てネットを利用しない
・しっかりとタオルで顔を拭いてしまう
・顔をこすったり掻いたりする癖がある

 

ビタミン不足

ビタミンは肌にいいという漠然とした知識は知っている人がたくさんいると思いますが、ビタミンB類やビタミンAというのは新陳代謝に非常に関係が深いです。
これらが不足してしまうと、新しい細胞に押し上げられることなくいつまでもいつづける古い角質が肌の表面にいつづけてしまいます。

・外食がおおい
・偏食がち
・緑黄色野菜やレバ―が苦手

 

男性ホルモン

男性ホルモンが角質を厚くしてしまう場合もあります。
メカニズムがはっきりとしているわけではありませんが、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると角質が厚くなってしまうと言われています。
特に男性ホルモンというのはストレスによって過剰に分泌されてしまうのでストレスには注意をしてください。

・ストレスを感じやすい
・大人ニキビに悩みがある
・生理直前に肌トラブルが出やすい

 

加齢

加齢によるとカラダの機能というのはどんどん下がっていきます。そういうわけで新陳代謝の機能も下がってしまうためターンオーバーもうまくいかなくなってしまいます。
以前と比べて肌の傷が治りにくくなったなどの異常を感じたらもしかしたら加齢による新陳代謝能力の低下かもしれません。
その可能性も考慮にいれつつ、角質とも付き合ってみてください。

・肌の年齢による衰えを感じる
・若いころに日焼けをしていた
・肌が常にごわつき、メイクのりも悪い

 

角質の対策

では次に角質をどのように取っていくかを見ていきましょう。
ここで重要なのはできるだけ先ほど見たような原因を避けつつ対策を行っていくことです。

それを肝に銘じて対策を見ていきましょう。

 

ピーリング

ピーリングというのは美容クリニックやエステサロンなどで、薬剤を使用して古い角質をはがすというものです。

種類はたくさんのものがあります。
・古い角質を溶かす成分を配合した薬剤を使用するケミカルピーリング
・アルミニウムの微粒子を使用するクリスタルピーリング
・レーザーで角質を焼いてしまうレーザーピーリング
・超振動を起こせる機械で角質を浮かせて削るスクラバーピーリング
・植物の天然由来の力を借りるハーブピーリング

現在では家でできるピーリング石鹸やピーリングジェルなどが販売されています。
それにはフルーツ酸やAHAなどが配合されています。

ピーリングジェルはマッサージをすることによって古い角質を取り除くことができます。
ポロポロと消しかすのように角質を除去することができます。

 

パック

これはクレイ(=泥)を使います。
クレイというのは最近、美容の世界において非常に注目されています。
クレイは毛穴の汚れや細かい角質も吸着・除去することができ、パックとして使われています。

クレイには肌の老廃物や毒素などカラダの不要物を引き寄せて吸収する力が優れているといわれています。
しかし、クレイは水分まで肌にもたらしてくれるわけではありません。
そのため肌の乾燥が気にな人は炭酸のパックがオススメです。

しかしクレイを使うときには注意点があります。
吸着してそれをひきはがすので、肌に刺激が加わることになります。
ですので、クレイのパックを行う際には十分な配慮をしてください。

しかし、老廃物を取るという効果についてはクレイは非常に高い性能を持っています。
いいところも持っているし、悪いところも持っているという事は頭に入れておきたいですね。

 

化粧水・美容液

最近では肌の角質除去うに特化したふき取りタイプの化粧水や角質を柔らかくする美容液などのアイテムが登場してきています。
化粧水や美容液というのは毎日使うアイテムですので非常に親しみがあります。
そのため手ごろに使うことができるのも魅力ですね。

 

オロナイン

オロナインをたっぷりと角栓がある場所に塗ります。
オロナインに含まれるオリーブオイルなどによって毛穴から角栓をとりやすい状況にします。
そして引き抜くという方法もありますが、注意点が2つほどあります。

・無理に引き抜かない
毛穴が開ききる前に抜こうとしてしまうととても大きなダメージを肌に与えてしまう事になります。

・そもそも顔にオロナインは良くない!?
オロナインというのはそもそも顔に塗るものとして開発されていないため、顔に塗るのは好ましくないというような指摘もされることもあるようです。

 

ナチュラルアクアジェルCureの成分・効果

最近若い女性を中心に人気が急上昇している角質ケアアイテムがあります。
それをご紹介したいと思います。

そのアイテムとは「ナチュラルアクアジェル Cure」です。
ではこのアイテムの人気の理由を見ていきましょう!

 

水が主成分という安心の成分構成

「ナチュラルアクアジェル Cure」は
・水:92%
・グリセリン:4%
という成分構成になっています。

この水というのはただの水ではなく、会社が水にこだわり抜き、水を活性水素水としてさらにエネルギーを高めています。
また、グリセリンというのは以前から吸湿性に非常に優れている保湿成分だといわれています。
しかも安全性も極めて高く、従来の化粧水にも多く使われています。

まず、この安心性から使うのに抵抗がなくなったという方も多いみたいです。

しかし、「ナチュラルアクアジェル Cure」がすごいのはここからです。
これがどういう効果をもっているのか見ていきたいと思います。

 

たんぱく質の性質に着目

たんぱく質がリンス、トリートメントと結びつく成分に着目しました。
そのおかげで、指で強くこする必要はなく、軽くくるくるして流すだけで角質が取れるように開発されました。

 

吸着ポリマーが古い角質に素早く反応

一般的には角質ケアアイテムというのは角質をはがすようなイメージを持つ人が多いのですが、「ナチュラルアクアジェル Cure」はそれと違って、古い角質に反応してポロポロ取り除く仕組みになっています。

そのおかげで強くこする必要もなく、「はがす」というよりも「反応させるだけ」という感覚で楽しく角質ケアをすることができます。

 

しっとりとした手触りを実感

古い角質を除去するとターンオーバーの機能が促進されます。
そのおかげでさまざまな肌のトラブルが解消されます。
そして新しい肌を触ることができて、もちもちとした新しい自分と出会うことができます。

 

ナチュラルアクアジェルCureの購入方法

 

Amazon

購入可能。詳しい情報なし

 

楽天

購入可能。詳しい情報なし

 

公式HP

もちろん購入可能。
しかも、成分や効果に関しての詳しい情報アリ。

 

どこでも買えるようですが、長く使ってあなたの肌に直接つけるものだからこそじっくりと成分などを見て、納得して買ってみてくださいね!

ここまで読んでくださりありがとうございました!