【しろ彩】評判の化粧水!!赤ら顔専門化粧水の口コミは?

sirosai

・頬や鼻がいつも赤い
・赤みがすごくてチークもできない
・恥ずかしくて人前にあまりでたくない

そんな悩みをお持ちの方は少なくないんです。

 

でも赤ら顔で困っている人って評判のいい美容のための化粧水を使うんです。
本当に困っているので藁にもすがる想いなのです。

しかし、その化粧水は効果ありません。
赤ら顔は治りません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

それをこの記事ではご紹介していきたいと思います。
ではまず赤ら顔の原因から見ていきましょう。

赤ら顔の原因

 

赤ら顔になってしまう原因というのは5種類あります。
ではその原因を見ていきましょう。

 

皮膚が薄い

 

皮膚というのは真皮を表皮が覆っている形で存在しています。
真皮には毛細血管が密集しています。

赤ら顔の人というのは表皮が非常に薄いです。
そのために毛細血管が密集している真皮が見えてしまっているので赤く見えます。

特に鼻や頬というのは皮膚が薄い部分です。
なのでそこが赤くなりやすい傾向にあります。

 

体質や気温による毛細血管の拡張

毛細血管というのは温度を一定に保とうとします。
寒い地方だとどうしても室外と室内の温度が違うため、毛細血管が機能します。

この機能というのが、寒いと血管を収縮し、暑いと拡張するというものです。
ですので、寒い地方に住んでいる人は頻繁に拡張・収縮が繰り返されるわけです。

これを繰り返しているうちに収縮する力が弱まってしまいます。
その結果、毛細血管が広がったままになってしまうため赤く見えてしまうという事になります。

 

ニキビによる赤み

 

炎症を伴うニキビができてしまった場合が厄介です。
炎症というのは血管を拡張するさせてしまいます。
そのためにそのニキビの周りは非常に赤くなります。

ニキビが治れば炎症はおさまるのですが、大抵の場合はそのニキビがおさまる前に違うニキビができてしまいます。
そのような状態が長く続くと真皮や皮下組織に色素沈着して赤ら顔になってしまいます。

 

皮脂による炎症

 

皮脂の分泌が盛んになってしまった場合厄介です。
皮膚の上に長くいる皮脂は空気中の酸素に触れて酸化してしまいます。

その参加した皮脂と皮膚の常在菌が反応してしまうと炎症が起きて肌が赤くなってしまいます。

 

アルコール、薬、香辛料の過剰摂取

13383

毛細血管を広げる効果のあるアルコールや、刺激物である香辛料を過剰に摂りすぎると血流が滞り、血液が溜まりやすくなってしまいます。
またアトピー用の薬も同様です。

その結果、肌が赤くなってしまいます。

このような様々なことが原因となって赤ら顔になってしまいます。
では赤ら顔にならないためにはどのようなことをしたらよいのでしょうか?

 

赤ら顔の対策(日常範囲編)

 

実は赤ら顔に関してはそこまで対策というのは多くないのです。
ですから全部こなしていくことができます。

でも全部こなしても治らない…。
なんて場合はちょっと考えなくてはいけないかもしれません。

 

食生活の改善

 

アルコールやたばこなどの嗜好品や香辛料というのは、赤ら顔になる大きな要因です。
多くとってしまっている場合は控えたほうが無難です。

 

スキンケアの改善

25172_original

洗顔に関して改善の余地がかなりあるという人はかなりいます。
・洗顔の時に肌を強くこすっている
・洗顔を一日に3回以上している
この二つは特に肌に良くないので控えるようにしましょう。

また、あまり知られていないのですが、ビタミンC誘導体というのも非常に赤ら顔に効果的です。
ビタミンCには抗酸化作用があって、肌に非常にいいのです。
そのビタミンCの吸収を飛躍的に高めてくれるものがビタミンC誘導体なのです。

 

漢方薬

img_01

アルコールや気温差によって血管が広がりやすい人がいます。
そのような人には漢方がおすすめされています。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・温経湯(うんけいとう)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

赤ら顔の対策(医療範囲編)

 

日常範囲で治りそうもない方は皮膚科の受診をおすすめします。
その上で次のような治療をされる場合があります。

 

光治療

 

患部に光を当てて拡張した毛細血管を縮小させて赤みを目立たなくする治療方法です。
カメラのフラッシュに似た光を当てて血管や沈着した色素を破壊していきます。

レーザーと違う波長の光を使うためにレーザーよりも痛みが小さいのが特徴です。

 

レーザー治療

spot_img01

症状によって使うレーザーの種類は変わってきます。
保険が効くかどうかというのも変わってきますので注意が必要です。

 

硬化療法

 

血管に硬化剤を注入します。
そのあとに固定して血管を固定します。
これはレーザー治療の効果が薄いと思われる場合にとても効果的です。
固定するからといって、日常生活に支障が出るということはないです。

 

しろ彩とは?その成分・効果

 

4つの和漢植物エキスが赤ら顔をケア

ya-s-103

・ショウガ根茎エキス
赤ら顔の大敵の「血行不良・乾燥」に効果的なものです。
血行促進、保湿に優れています。
そして抗酸化作用まで持ちます。

・天草
肌のバリア機能を高めます。

・茯苓(ブクリョウ)
保湿効果を持ちます。
さらに美白に非常に効果的です。
むくみも解消します。

・川芎(センキュウ)
血行促進し、他にも炎症を抑える効果を持ちます。

 

高浸透型ビタミンC誘導体配合

img_34_01

抗酸化作用を持つビタミンCの存在はとても大きいです。
赤ら顔対策になるだけでなく、美容にもとても相性がいいです。

しかし、ビタミンCをただ摂るだけではその恩恵を十分に受けることはできません。
そこでこの高浸透型ビタミンC誘導体が重要です。

これはビタミンCの力を存分に引き出すことができるモノなのです。
これもしろ彩の圧倒的人気の理由なのです。

 

多層浸透型バリアテクノロジー

095903myvmmlbzw1bf1l0m

肌は油と水の層でできています。
この構造をラメラ構造と言います。
しろ水はこの構造でできているので、同じ構造の肌にはとことん浸透していきます。

 

敏感肌の人のための無添加へのこだわり

 

しろ彩は敏感肌の人にも安心して使ってもらえるように無添加に拘っています。
アルコールもパラベンも着色料も入っていません!

そのおかげで敏感肌の人に対するアンケートで93%の方が満足とお答えしています!

しろ彩の購入方法

 

公式HPからの購入が一番オトク

 

まず、楽天ではしろ彩は購入することはできません。
Amazonでは一応しろ彩を購入することはできます。

しかし!価格が全然公式HPの方が安い!
定期コースをお選びになる場合は1,500円も安いのです!

普通に単品で買っても公式HPの方がオトクです!

 

 

この記事を見て少しでもしろ彩にご興味を持たれた方はぜひ公式HPを見てみてください!
より詳しいことが書いてあります!
ではここまでお読みくださり、ありがとうございました!

公式HPはこちら(http://b-shiki.jp/shirosai/